ありえない部活勧誘

5月 30, 2012 at 3:42 PM • Posted in 日記コメントは受け付けていません。

これは私が中学の同級生に聞いた凄まじい部活勧誘の話です。

同級生は寮のある高校に進学しました。
その寮には色々と決まりがあり、その中に「寮内での部活勧誘行為は禁止」というのがあったそうです。
寮という教師の監視の目が行き届かない環境を利用し、脅しに近い勧誘行為をする上級生が過去に何人かいたために、この決まりが作られたんだとか。
勧誘活動はあくまで学校内のみ。それが勧誘活動のルールでした。

しかし、その高校は進学校で、部活をする生徒は全体の半分程度。部員が減ると部費に影響が出る上、最悪の場合廃部の危機に至ることもあるため、部員たちの勧誘はまさに命がけ。
勧誘行為が禁止されている寮内でも、教師や寮長たちの目をかいくぐり、あの手この手で新入生を引きずり込もうとする上級生がたくさんいたそうです。

私の同級生もすごい勧誘に合ったそうです。
ある日、寮の自分の部屋にいた同級生のもとに、ひとりの先輩が尋ねてきました。
まだほとんど話したことのない先輩は、親しげに笑いながら「入寮祝いにこれやるよ」とポテトチップをくれたそうです。
同級生がそれを受け取ると、先輩は「お前1人で食えよ?他のやつに見せんなよ?」と言って部屋を去りました。
友人がポテトチップの袋の裏側を見ると、そこにはマジックで『ポテチはカロリー高いから太っちゃうな!痩せるには運動だよな!運動と言ったらバスケだよな!明日放課後待ってるゼ☆』とのメッセージが。

友人がポカンとしていると、今度はまた別の先輩が部屋を訪れました。
「これ、オレが1年の時使ってた参考書。よかったら使えよ。」と言って参考書をさしだしてすぐに去っていったそうです。
参考書は不自然に膨らんでいました。中を見ると、ページとページの間に何枚もの紙が挟まっていたそうです。
その紙には一枚につき一文字書かれており、ページをめくって順番に見ていくと
「水」「泳」「部」「に」「は」「い」「っ」「て」「く」「れ」「!」「!」と……。

同級生はおかしいやら必死さが恐ろしいやらで、結局どこの部にも入らなかったそうです。

その同級生とは今でも仲良くしています。
こないだ彼に会い、お見合いパーティー.wsというサイトを見て独身の私に勧めて来ました。
「やかましいわ」とか思いながらも、少し真剣にならなきゃいけない年になったんだなぁと改めて自覚しました。