12月 13, 2012 at 10:51 AM • Posted in 日記コメントは受け付けていません。

日めくりカレンダー、というのを皆さんご存知ですよね。
昔はよく、トイレの壁などにはってありました。毎日めくると、だいたい格言とか、為になる言葉とか書いてありましたよねぇ~。一日一善、とかね(笑)

自分のスケジュールじたいはスマホだったりパソコンで管理している人がとても増えてきました。
もっとも私はまだ、手書きの手帳派ですけど。携帯のスケジュール機能も利用はしているんですけど、やっぱり手帳のほうが使いやすいですね。

私の若いママ友は、ご主人とママとそれから子供のスケジュールをパソコン上のスケジュール帳で管理して、ご主人とお互いにそれをのぞけば子供も含めた予定がわかるようにしているそうです。共働き家庭のお宅では、そうすることで便利に使いこなしているのかもしれません。

わが家では、同じような役割を、脱衣所にある鏡のよこにある大きなシンプルなカレンダーがしています。そこに長男、次男、末っ子(末っ子の予定は私が書いているのですが)、私、夫と5つの欄を作って、大きな予定や夕飯がいらないとか、旅行予定とか、バイトの予定とか、書き込んでもらっています。こうすると、ひとめで私も夕飯の量とかわかるし、いちいち、本人たちをつかまえて予定を聞きまくらずにすむんで楽なんです。

だから、大きな、空白の多いカレンダーがわが家では必須なんですけどね。
たまたま、知り合いの僧侶から、日めくりカレンダーをいただいたんです。ちょっと懐かしくてね。
実用一点張りのわが家のカレンダーと違って、なんだか、ほんわかした色筆書きの絵がついて、「やさしい えがお みんな しあわせ」みたいな、「いかにも」の言葉が毎日、描かれている(笑)

トイレにはったら、子供たちに「なにあれ、ダサ」とか言われましたけど、言うわりには毎日やっぱり眺めているみたいで「みんなちがって、みんないい、とかって聞いたことあるし~」なんて食卓で話題にだしてますね。

それに、一枚ずつめくるのもいいもんです。一日があっという間にすぎること、一日の積み重ねだってことが、なんとなく実感できます。

来年は、家族の目につくどこかに「日めくりカレンダー」どうですか?

Sorry, comments are closed.