12月 21, 2012 at 8:15 PM • Posted in 日記コメントは受け付けていません。

旅行の一番の醍醐味は、ある意味旅行の前後にあると思います。

海辺のリゾートホテルにせよ、老舗の温泉旅館にせよ、北海道へのスキーツアーにせよ、沖縄への夏の旅行にせよ、それぞれにたっぷりと遊び倒して、「ああ楽しかったね」やれやれと帰宅して、それからかならず「だけどやっぱりおウチが一番かもね」みたいな話題になるでしょう(笑)
洗濯物の山と格闘する翌朝を考えると、少々ウンザリもするけれど、家の狭いリビングで早速買ってきた土産を広げたり、名産品を並べて缶ビールのみながら、あれこれ旅行をネタに盛り上がるのは楽しいものです。

でもそれ以上に楽しいのは、案外と「旅行を計画中」のときかもしれないってこのごろよく思うんですよ。

例えば家族で「旭川動物園に行こう!」なんて言い出して、それからツアーを探したり、ホテルを予約したり、飛行機にしようか、寝台列車はどうだろうって、大騒ぎになったりして。
今はネットでなんでも検索できるから、ツアーはツアーでも、ホテルの名前がわかると今度はそのホテルを検索して、「けっこうイイみたいだよ」と会社にいる夫とメールの遣り取りしたり。

予算もあることだから、時には日程を変更したり、希望どおりにはいかないけれど、子供たちも「オレ、このおもちゃ持って行く」だとか「行くときは赤いワンピースがいい」とか、まぁどうでもいいようなことでも賑やかなものです。

それで、旅行鞄を取り出して来て、着替えの下着だ、化粧道具だ、ビーチサンダルはどこだと荷造りしているあたりが一番楽しいのような気もします。

それはやっぱり、旅行という「いつもと違う大イベント」に対する、わくわくする気持ちの証かな。
それからまた、いつもと違う大イベント、非日常的な旅行から、暮らしの息づかいにあふれるわが家という「日常」へ帰ってきたことの安堵感。その安堵感からくる「わが家」=「家族」に対する気持ちが旅行後にはちょっぴり、大きくなっているような気もします。

家族旅行の醍醐味は、家族の思い出の1ページが増えることでもあるけれど、同時に「おウチ」に対する意識を自然と認識させてくれるところにもありそうです。

Sorry, comments are closed.